発達障害30代の娘、転院先の病院が決まるまで

転院の経緯 発達障害

発達障害30代の娘は、7年間通っていた個人経営の精神科・心療内科から、複数の先生がいらっしゃる精神科・心療内科のクリニックへ転院しました。

転院の理由は、本人が強く望んだからです。「先生、変なこと言う。行くと具合悪くなる。怖い。」と言って。

事実はそうではありませんが。

理由はどうあれ、転院したからには、娘が快方へ向かい、自立して仕事が出来るようになるきっかけになってほしいと願うばかりです。

スポンサーリンク

娘が転院したいと言い出した

今年2月、娘は運転免許の更新にあたって、免許センターから医師の診断書の提出を求められました。

そのころ娘は心療内科に行くのを嫌がっていました。代わりに私がお薬をもらいにいくことが何ヶ月も続いていたのです。

娘は運転する為の診断書欲しさに、何ヶ月ぶりかで病院に行き、診察室に入り、ブルブル震えながら上ずる声で自らの言い分を話しました。

私はいつものことですが、娘の様子を知らない人が見たら、絶対に「変な人。おかしい。」と思うはずです。

先生は、娘が診察に来たことを喜んで迎えてくださいました。いい方に向かってきたね、と。しかしだからと言ってすぐに「運転可」というものではありません。

先生は、「何回か診察に来て、もっと良くなったら診断書を書くよ」と仰ってくださいました。

診断書書くよ、と言う医者

その日、それから娘は友達の家に泊まりにでかけ、翌日帰ってきました。そして言い分が、こうです。「あそこの病院行くと具合悪くなる。先生、変なこと言う。病院、変える。セカンドオピニオンする」と。

病院を変えたいというのは、先生が運転できるという診断書を書いてくれなかったことへの逆恨みだと、私は理解しました。友達からのセカンドオピニオンという入れ知恵が、娘の背中を押したようです。

娘曰く、本当に具合が悪かった頃から通っているから、病院に行くとその時のことを思い出して、もっと具合が悪くなると言います。私には単なる言い訳にしか聞こえません。

まあ、しかし、転院は本人が言い出しているので、病院を変えることで、毎月しっかりと診察を受けてくれるなら、変えてもいいのかもしれないとも思いました。

娘は転院先を自分で決められない

じゃあ、どこの病院ならいいの?と娘に聞くと、「わかない」(わからない)としか返ってきません。話が進みません。

私がどこどこの病院と提案しても、娘は私の言うことには絶対にケチをつけることはわかっています。私は何を言っても娘に怒られるので、必要以外の発言はしないようにしています。

そのうち、次の予約日になります。「今日、病院だよ、一緒に行こう」と声をかけると、「イヤ!病院変えるって言った!」と娘。また私だけで薬をもらいに行きます。

「病院、どこにするの?」「わかない」

病院どこ?

そんなことを繰り返しているうちに、娘と私がそれぞれ一人暮らしをする話が進み、引っ越しが忙しくなりました。

引っ越しが済んでから、娘がまた怒っています。「病院変える話はどうなってるの?!いつになったら変えるの?!」とわめきます。

どうなってるのか、こっちが聞きたいです。「どこの病院にするの?」「わかない」また同じです。

娘は人と話したくないので自分で病院に電話をかけて予約するなんていうことは絶対にしません。

「じゃあ、どこでもいい?どこでも良ければ、お母さんが探して予約するけど、それでいい?」

娘はやっとうなずきました。

まず、紹介状を手配

どこでもよくて、こっちが決めていいなら、とっとと電話して転院を決めようと思いました。そうすることで娘が毎回ちゃんと診察に行ってくれるのなら。

私は早速、行動開始です。きっと、紹介状とか必要になるんだと思います。まず、今まで通っていた心療内科に電話し、娘が転院を強く希望していることを伝えました。

電話に出た受付の方は一旦電話を保留して、おそらく先生に確認したと思いますが、紹介状を書いてくださるそうです。私はずっと診て頂いてきたので申し訳ない気持ちで一杯でした。

紹介状

紹介状には、転院先の病院の名前を宛先として書くそうなので、病院が決まったら連絡ください、とのことでした。

紹介状が確保できる見通しがついたので、次はこの地域の心療内科をネットで調べました。あとは、決めてそこへ予約の電話をすればよいのです。

しかし、そこからが大変になるとは予想しませんでした。

2件目の電話で予約が取れる

まず、少し大きい病院がいいのではと思い、U病院に予約の電話をしました。すると、入院が必要な患者さんを主に診ているので通院だけの予約は取らないそうです。

大きい病院

でも、関連病院で外来中心のTクリニックがあることを教えて頂きました。すぐにそちらに電話しました。

娘の様子を、かなりいろいろと聞かれて話しました。二週間後ぐらいに予約を取ることができました。もっと先になるかと思っていましたが、以外と早く予約が取れてホッとしました。

やはり、紹介状が必要とのことでした。すぐに今までの心療内科に電話し、転院先の病院名を伝えました。紹介状が出来たら連絡くださるそうです。順調です。

娘に予約が取れたことをLINEで伝えました。○月○日にTクリニックの予約がとれたよ。紹介状も書いてもらっているよ、と。

娘は私のLINEを無視します。何日も既読がつかないのが普通です。

既読つかない

まあ、LINE見ないのはいつものことだから、予約日の少し前になったら確認すればいいや、と思いました。

予約取ったのに、娘はイヤだと

数日後、娘から返信がきました。見ると私が送った文章にやっと既読がついていました。

「Tクリニックイヤ!そこダメ!他のところ!」

まったく、とんでもないことです。

だって、どこでもいいって言ったじゃん!どこでもいいって言うから、別に「ここでどう?」とか確認せずに予約を取ったわけです。

しかし、娘はまた泣きわめいてギャーギャー叫んでいます。せっかくの転院も嫌がってまた行かなければ元も子もありません。

仕方なく、Tクリニックにキャンセルの電話をしました。

キャンセル

今までの心療内科にもすぐ電話し、娘がそこは嫌がるので、紹介状の宛先を書くのを待ってほしいとお願いしました。

振り出しに戻りました。また病院探しです。

今度は病院に断られる

ホームページに載っている院長先生の写真が優しそうな雰囲気の、Iクリニックはどうだろうと思いました。今度は娘に事前確認します。

優しそうな医者

「○○町のIクリニックっていうところにしようと思うけど、いい?」とLINEしました。こんどは少し待ったら返信がありました。予約していいそうです。

娘の許可が出たので、Iクリニックに電話しました。予約をとりたいので、と、娘の状況を伝えました。娘の年齢を聞かれました。三十○歳です、と答えました。

すると、そこの病院は子供を中心に診ているそうです。ましてや自分で通院するのを嫌がるようでは、うちでは難しいです、と、断られてしまいました。

何ということでしょう。転院する病院が決まりません。精神科・心療内科といっても、物理的に通える範囲を考えると、そう何件もあるわけではありません。

4件目の電話で予約がとれた

また探さなければなりません。私のメンタルの方がヤバくなってきます。

メンタルやばい

今まで電話した3件の病院より少しだけ遠い別のクリニックに、心を奮い立たせて電話しました。今度はAクリニックです。ここは他の病院ほどは先方からいろんな質問をされませんでした。

娘の状況を話しました。年齢も伝えました。電話対応のかんじがよく、予約が取れそうです。最短の予約可能日は、1ヶ月半先だそうです。致し方ありません。それでお願いしました。藁にもすがる思いです。

やはり紹介状が必要だそうです。元の心療内科に電話しました。転院先に決まった病院名と予約がとれた日程を伝えました。

紹介状を用意するのと、その日までのお薬も出していただけるそうです。本当にお世話になり、ありがたいやら申し訳ないやらです。

こうしてやっと転院先が決まり、一ヶ月半先ですが予約が取れました。紹介状とそこまでのお薬を今までの心療内科で頂くことができ、準備も整いました。

葉っぱ

・・・なんか、私だけ一生懸命動いていて大変な気がするんですが、気のせいでしょうか。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

発達障害
スポンサーリンク
うららrrをフォローする
春のうららのうららかな日々

コメント