洗濯機はベランダ置きでも何とかやっていける

ベランダ 雑記

今の家を決めるにあたり、家賃の予算が低いため、洗濯機の設置場所が屋外という点について譲歩しました。立地条件や予算を考えると、どこかで目をつぶる必要がありました。

洗濯機をベランダに置いて、いろいろな意味でうまくやっていけるか心配でした。でも、いざ生活を初めてみると以外と何とかなりました。その分家賃が安いところに住めたと考えると、正解です。

スポンサーリンク

本当は洗濯機を屋内に置きたかった

前の家もその前の家も、洗濯機はずーっと屋内で洗面所に置いていました。洗濯をするとき、今までは天候も昼夜も気にしたことがありません。ほぼ毎日、できるタイミングでパッと洗濯機をかけていました。

晴れ

元々私はアウトドアが苦手です。暑いにつけ寒いにつけ、また雨や強風もあるだろうし、洗濯をかけるためにたとえ自宅のベランダでも外に出て、洗濯ができたらまた外に取りに行かなければなりません。それを考えただけでNGです。

大雨

洗濯機も雨ざらしでは傷むだろうし、虫が入るかもしれない。クモの巣がはるかもしれない。どう考えても洗濯機の設置は屋内、というのが家探し条件の一つでした。

しかし現実はそうはいかなかった。洗濯機置き場が外と中とでは家賃の相場が違いました。こうして仕方なく百歩譲って、洗濯機をベランダに置く家に住むことになりました。

アースがない。排水はラク。

ベランダに洗濯機用の屋外コンセントはあるのですが、アースが見当たりません。不動産屋のお兄さんも大家さんも、「アースはつけなくても大丈夫ですよ」と言います。本当?

洗濯機コンセント

ネットで調べると、洗濯機を安全に使うには、漏電したときのためにアースの設置は必要となっています。でも無いものは無いので、古くて安い物件だし、まぁ、そこを文句を言ってもしょうがないか、と我慢です。

ベランダだけに排水はラク、というかおおざっぱというか安易な作りというか。雨水などを排水するベランダ用の排水溝近くに洗濯機の排水ホースの先をボンと向けて、そのまま排水です。

屋外排水

屋内設置に必須のエルボなどの接続管は無用です。なんかシンプルというか、昔に戻った感覚です。

雨対策を検討してみたが

老女(?)の一人暮らしなので、洗濯物を干すのは晴れでも雨でももっぱら室内です。つまり天気を気にする理由は、洗濯機を使うにあたって外で自分が雨に濡れるかどうか、ということになります。

雨と紫陽花

まず、ベランダ用のシェードやカーテンをネットで探しました。ベランダの形状が少し変形なので、どうもしっくりと設置できそうにありません。

それに台風や風が強いときにはたたむか回収した方がよさそうなので面倒かも。とにかく面倒なことは苦手です。

いやいや雨なんだから、ベランダで傘をさして洗濯機をかければいいか、と次に考えました。

傘

でも洗濯機をかけるときに洗剤を入れたり、できあがった洗濯物を出すときも、傘をさしながらは難しそうです。

一人暮らしだし、毎日洗濯しなくていいし、梅雨時でもそう何日も降り続くことはあるまい、と安易に見切り発車しました。

雨の合間をぬって洗濯機をかける

今年の梅雨は手強かった!各地で連日、記録的な大雨が続きました。

洗濯機をかけるチャンスとして、まず早朝や夜遅くは近所迷惑を考えて除外です。

干すのは室内ですから、洗濯機をかけている40分ほどの間だけ、雨が収まっていてくれればよいのです。

溜まっていく洗濯物の量を見ながら、Yahoo!お天気アプリの雨雲レーダーと相談し、雨が降らなそうな時間に洗濯する工夫をしました。

おかげさまでこの雨ばかりだった6月も7月も、2~3日に一度ぐらいの割合で洗濯をすることが出来ています。

本当にピンポイントで雨雲の切れ間をぬって洗濯をかけ、できあがった洗濯物を洗濯機から回収し家の中で干し始めたら、2~3分後にすごい雨がザーッと降ってきてギリギリセーフだったこともありました。

部屋干し

暴風雨のとき洗濯槽に水が溜まる

洗濯機が傷まないようにカバーをかけよう!と引っ越したときは思っていました。

しかし気に入ったものが見つからないのと、雨のたびに一応外側を雑巾で拭いてなんとかきれいに使えていたので、カバーの購入が延び延びになっていました。

7月に入って間もない暴風雨の翌朝、洗濯機の蓋を開けたら、なんと洗濯槽の四分の一ぐらい雨水が溜まっていました。これは予想外です。すぐにAmazonでカバーを注文し、翌日届きました。

サイトで見たとき青っぽい色のつもりだったのが届いたのは緑色。えっ?と思い、サイトをもう一度よく見たら、なるほど緑にも見えます。

急いで注文したので私としたことが検討と確認が十分でなかったようです。普段から色や柄にはこだわる方なので少し残念でしたが、すぐに使いたいのでそれで良いことにし、洗濯機にかぶせてみました。

4面カバーで、防水、防塵、防湿、紫外線カットです。サイズはピッタリで、意外と存在感あっていい感じでした。

使うたびに蓋部分のファスナーの開閉が必要なので、面倒に思う人もいるかもしれません。

カバーをつけてからはすごい暴風雨でも洗濯槽に雨水が入ることはなく、洗濯機の外側も汚れなくなくなったので、そのメリットを考えればファスナーの開閉の手間は私にとっては全然OKです。

もっと早くカバーを買ってつければ良かった、と後悔です。

屋外の洗濯機には虫対策も必要

また別の日のことです。さあ洗濯しようと洗濯機の蓋を開けたら、蓋の裏側から小さいクモがスーッと糸を出して降りてきました。

クモが降りてきた

虫が大大大嫌いな私にとって非常事態です。洗濯どころではありません。急いでクモの巣消滅ジェットを取ってきてクモを退治。

やはり外は危険でした!クモの巣消滅ジェットを洗濯機の裏にシュッとしていたのですが、日が経ってしまって油断していました。

再度、洗濯機周辺、洗濯機とカバーのすき間、室外機周辺にシューッとやりました。今後は虫対策の頻度に気をつけようと思います。

洗濯機屋外のデメリット VS 家賃の予算

そんなこんなで、いろいろと気をつけることはありますが、今のところ洗濯機をベランダに置いてもなんとかやっていけそうです。

急場しのぎで買った洗濯機カバーが役割をしっかり果たしてくれるので、最初は色が気になったのに、だんだんとこの色でいい気がしてきました。

てるてる坊主

本当は屋内に置きたかった洗濯機ですが、ベランダ置きでも何とかやっていけそうです。洗濯機の外置きを譲歩したことで、家賃予算を抑えられたのが一番です。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村

コメント