シルバー文鳥のセロリくん、すっかり手乗りになりました。放鳥からケージにちゃんと戻ります。

もしもアフィリエイトでAmazon審査に落ちてから提携承認されるまで

Amazonアソシエイト審査には過去2回ほど落ちているので、難関なのは知っていました。そこで、もしもアフィリエイト経由ならAmazonは承認されやすいというウワサを単純に信じて、申請しました。

ブログ内容は問題ないし記事数あるから通るだろうと待っていたら、なんと結果は提携否認。落ちました。やっぱり私はダメなんだと、かなりへこみましたが、そこから再審査を申請し、提携が承認されるまでにやったことを記録しておきます。

もしも経由でAmazon審査に落ちた

文鳥の本やグッズをブログで紹介したいと思い、申請しました。申請時の状況です。

・Wordpress テーマ:THE THOR
・ブログ運営期間:約2年6ヶ月
・記事数:159
・最新記事:申請2日前
・文字数:1000~3000程度
・アドセンス広告あり

ブログ開設当時から、プライバシーポリシー、問い合わせページ、プロフィールを設置していました。60代主婦の日常範囲で書いているブログなので、違反するような内容の記事はありません。

もしもアフィリエイトAmazon提携申請ボタンを押してから4日目に、「提携が否認されました」という件名のメールが届きました。

なんで?

ブログのボリュームは充分だし、内容も問題ないはずです。かなり落ち込みました。

落ちた原因=私の場合=

ネットで検索すると、「もしも経由Amazon」に落ちたのは私だけでないことがわかりました。事前に気付かず、うかつでした。気を取り直して、どうしたらいいのか調べました。私に当てはまるかもしれない原因がみつかりました。

・もしもアフィリエイトとAmazonショッピングの登録メールアドレスが違う。
・記事にAmazonの商品価格を書いている。
・他アフィリエイトの広告を貼っている。

提携が否認されているので、もしもアフィリエイトAmazon承認ボタンが「否認中」となっています。否認から3日後にこれが「提携申請する」に変わるはずなので、それまでに対策をしたいと思います。

修正したこと

登録メールアドレス変更

実は私、Amazonプライム会員です。メインクレジットカードはAmazonゴールドカードです。ヘビーユーザーで、年間で2万ポイント以上溜まります。今月だけでも、申請時までにすでに5品をAmazonで購入していました。

Amazonユーザーとしては申し分ないはずですが、もしもアフィリエイトAmazonショッピングに違うメールアドレスで登録していました。Amazonさんは、この申請者はAmazonで買い物したことがないと判断したわけです。

すぐに、もしもアフィリエイトの登録メールアドレスを、Amazonショッピングのメールアドレスと同じものに変更しました。これ、落ちた理由として大きいかもしれません。

記事にAmazonの商品価格を書かない

Amazonで商品を買った話は何度も記事に書いています。そのときはアフィリエイトを考えていなかったので、書きたいままに価格も載せていました。

過去の記事を読み返してみると、もちろんいいことも書いていますが、Amazonの価格が他より高いと文句をつけていたり、買った後に安くなって損した気分とか、言いたい放題でした。これをAmazonさんが読んだら気分を害すること間違いなしです。

さっそく修正です。Amazon商品の価格はすべて削除して、別の表現に置き換えました。

価格についてかなりしつこく書いている記事が2件ありました。なんとか内容を修正しようとしましたが、話の中心が価格なので直せば直すほど文脈がおかしくなってしまいました。すぐに文章を立て直すのは難しいと判断し、とりあえずその2件の記事は非公開にしました。

過去の159記事を全部確認して見直したので、かなりな作業でした。でもよく考えたら、価格にクレーム付けてるブログをAmazonさんがOKしてくれるはずがありません。

また価格は変動するので、記事に価格が書き込まれていると、それを見た読者がリンクからAmazonサイトに飛んだときに、違う価格が表示される可能性があります。こういうことを避けるために、今後も記事を書くときに気をつけようと思います。

他アフィリエイトの広告は最小限に

アドセンス広告や他アフィリエイトの広告を貼ってあってもAmazon審査に通ったという話はよく聞きます。私もアドセンス広告を貼っていますが、おそらくこれは問題ないだろうと考え、そのままにしました。

他アフィリエイト広告について、私はアフィリエイトをやり始めたばかりなので、申請時点では2個ほど小さめのバナーを貼っているだけでした。念のため、これはバナーではなくテキスト広告に貼り替えました。

3日後に再審査を申請

「提携が否認されました」というメールが届いてから3日後、ちまたのウワサ通り、もしもアフィリエイトAmazon申請ボタンが「否認中」から「提携申請する」に変わっていました。

出来ることはやりました。他には落ちる要素が思い当たりません。「提携申請する」ボタンを押しました。

この3日間、落ちた原因と思われることを修正するとともに、Amazon商品を紹介できそうな新しい記事を1件アップしました。ダメ押しで、再申請したあとも更にもう1記事アップしようと思い、書き始めました。

前回、否認メールが届いたのが申請から4日目でした。結果は5日から一週間かかると聞いているので、それまでにあと1記事増やしたいと思います。

二度目の申請で提携が承認された

あと1記事を書いている最中、なんと「提携が承認されました」というメールが届きました!再申請の翌日です。まだ24時間経っていません。遂に、もしもアフィリエイト経由でAmazon承認されました!

しかも、当然ですが、変更したメールアドレス宛に来ているので、見た瞬間「何これ?」と思ってしまいました。

Googleアドセンスに通ったとき以来の喜びです。念のため、もしもにログインすると、Amazonのボタンが「提携中」になっていました。あきらめないで良かった!

後日談です。Googleサーチコンソールから、「送信された URL が見つかりませんでした(404)」というエラー通知メールが届きました。確認すると、再申請のために非公開にした記事のことでした。なるほどです。

2記事とも、記事の内容をもう一度じっくり書き直して、公開しました。現在、Googleさんが修正を検証中ですが、おそらく大丈夫だと思います。

(⇒修正から6日後、Googleさんから無事に「カバレッジの問題が修正されました」というメールをいただきました。)

なにしろ、訳がわからずやっているので、一つ一つに時間がかかります。ボチボチと勧めていこうと思います。

今日のパセリくん
最新情報をチェックしよう!