ヘルニア・狭窄症と診断されブロック注射を打つ

注射器と病院 腰痛

いつもの腰痛とは違っていました。立っていられません。少し歩くと腰からお尻、右足、右足が全部、すごい痛みが来ます。

動かずに横になっていても痛みが押し寄せてきました。一晩、不安と痛みに耐え、翌朝整形外科へ。ブロック注射を打ってもらったら、これがすごく痛い!

動けないし、安静にするしかありません。

スポンサーリンク

いつもと違う、腰から足にくるすごい痛み

きっとまたいつもの腰痛

木曜日から腰痛がありました。いつもより痛いな、とは思いました。過去にも腰痛で整形外科に行っています。

きっとまたヘルニアです。行ってもレントゲン撮って湿布もらってリハビリで腰を温めたり引っ張ったりするだけなのはわかっています。

お金かかるし、湿布はあるし、とりあえず、おとなしくして様子を見ようと考えました。

立っていられないすごい痛み

金曜日、腰は痛いけれど、お昼ぐらいまでは歩けていました。しかし午後からだんだんと状況が悪くなり、痛みは腰から足に来ました。

夕方になると、少し歩くと腰から足全体にすごい痛みがきて立っていられなくなりました。これはいつもの腰痛と違う、まずいかも、と思いました。

腰痛

明日、整形外科に行った方が良さそうです。土曜日の午前中に病院に行かなければ、日曜日になったらどこも休みでどうにもできません。

夜中、腰から足へ激痛が走る

夜、なるべく痛くないよう体の向きに気をつけてベッドに入りました。

夜中に寝返りをしようとした瞬間、腰から足先まで高圧電流の様なものすごい激痛が走りました。

稲光

あまりの痛さに思わず「痛い!痛い!」と叫び声をあげました。しかもひどい痛みはすぐに治まりません。体勢を変えたいのですが痛さで体が動きません。

あまりにも続く激痛に、これは救急車か?とも考えました。命に関わっていないことは明らかですが、耐えられる痛みではないのです。

脂汗と涙がにじみ呼吸は早くなりパニック状態に近かったと思います。でもこのコロナ禍、夜中に、腰痛ごときで救急車を呼んでいいのか?

しばらくして、そう5分か10分経ったのかわかりませんが、少しだけ痛さが引いて体勢を変えることができました。横向きで体をくの字に丸めると少し楽です。

朝まで痛みに耐え一睡もできず

ここから、陣痛のように次々と押し寄せてくるすごい痛みに耐える時間が続くことになりました。

動くと痛いのはもちろんですが、動かなくても、時間をおいて、まるで陣痛のように痛みが来るのです。

きっとどこか神経が触っているんだと思いますが、夜が明けて病院に行くまではどうにもなりません。とにかくすごい痛みで全く動けません。

仕事先には病院で待っている間に連絡しよう。この状況で明日仕事に行くのはまず無理です。

下手すると入院になるかも、とも思いました。入院だったら費用はどうしよう。すぐに保険屋さんに連絡しよう。

連絡用にスマホの充電をしっかりしておかなければ。ハムスターたちの世話をどうしようか?友人に頼もうか?

そんなことを考えながら、何度も押し寄せる痛みで一睡もできない長い夜を過ごしました。

夜

整形外科でヘルニア&狭窄症と診断

車イスに座っていると楽

土曜日の朝、かかりつけの整形外科へ。歩けないので友人に車で来てもらいました。

来院者の検温と消毒のために入り口にいた看護師さんが、車から降りて友人に支えられてもなかなか歩けないでいる私を見つけ、車イスを用意してくれました。ありがたいです。

車イス

不思議と車イスに座っていると痛みが来ません。寝ていた方がずっと辛かった。診察までの1時間ほどの待ち時間は、車イスの居心地が良かったので気になりませんでした。

初めて聞いた 狭窄症 という病名

診察で先生に状況を話しました。すると先生から「狭窄症」という言葉が出てきました。初めて聞く病名でした。

レントゲンを待つ間、早速スマホで 狭窄症 を調べました。よくわからないけれど、背骨の中の神経が通っている道が狭くなって神経が押されて痛みやしびれが起こるってことかな。

書いてある症状にすごく納得しました。歩くと太ももや膝から下にしびれや痛みが出て歩けないと。まったくその通りです。お尻から片足だけ痛むのも、その通りです。

で、原因は?原因の一つに「加齢」とあります!なるほど!

レントゲン写真で背骨が曲がっていた

さて、レントゲン室で呼ばれました。レントゲン技師の先生は腰痛の患者さんには慣れているからだと思いますが、撮影時に痛いのをいろいろ気遣ってくださり、ありがたい限りです。

間もなくレントゲン結果が出ました。ヘルニアと狭窄症、両方だそうです。

レントゲン写真をみて私はかなりショックでした。正面からのレントゲン写真で、背骨が横に弧を描いて曲がっていたのです。

背骨曲がる

背骨の湾曲は健康にいろいろと害があろうことは、なんとなく知っていました。猫背にならないよう姿勢には気を付けていたつもりです。まさかこの私が、背骨が横に曲がっていたとは!

姿勢の歪みに心当たり

でも・・・鏡で見たときに、普通にしていても右肩が下がっているのは気づいていました。

更に、自分では真っ直ぐ立っているつもりなのになぜか右の腰が上がっているというか出ているというか、それも気になっていました。

普段から決まった方向の横座りが楽で、反対向きの横座りは出来ないのです。

横座り

そういえばテレビを見ているとき、気づくと体が右に傾いていることがよくあります。傾きを真っ直ぐに直しても、気づくとまた右に体が傾いています。

これは絶対に万病の元です。背骨の曲がりを治すことができるんでしょうか?治したい!

ブロック注射は痛かった!

ブロック注射の効き方は人による

しかし今は、それよりまず痛みをなんとかしてほしいのが先です。腰からくる足のひどい痛みを先生に訴えました。

すると、ブロック注射をしてくれるとのことです。それで痛みはなくなりますか?と聞くと、人によって効き方がまちまちだそうです。これは可能性にかけるしかありません。

そもそもブロック注射って何でしょう?待つ間、スマホで検索しました。

麻酔薬を痛いところに直接注入するそうです。多分、腰の背骨に打つかんじ?やっぱり痛そうです。頑張るしかありません。

「注射の後に休んで様子を見るので先にトイレ済ませますか?」と看護師さんに言われました。車イスのままトイレに入ったのは初めてです。便器周辺に設置されている手すりのありがたさを実感しました。

ブロック注射、私の場合

さて処置室に入りいよいよブロック注射です。ベッドでうつ伏せに寝てくださいとのこと。昨夜一晩、左を下にする以外の体勢は痛みがくるので無理だったのに、どうしよう?

仕方なく腰の下に枕を置いてうつ伏せに。お尻を突き出すかんじになります。やはりすぐに右足に痛みが始まりました。

先生が来て「頑張って下さいね」と声をかけられました。

え?頑張ってってどう言うこと?

にわかに不安になり「今、右足に痛みが来てます」と訴えました。

がしかし、おかまいなしにアルコール消毒と注射が始まりました。うつ伏せなので見えませんが、注射を打つのは多分、先生です。

注射器を持つ医師

当然ですが、まず針を刺すときにチクっと痛い。それで済むのかと思いきや、痛さでよく覚えていませんが、ずっと続く右足の痛さに加えてその後、注射の痛さが2段階あった気がします。

まず、刺された針がからだの中でなにかやっているような痛さ。これで十分だから、もう早く終わってくれ!

しかし次に、薬液が注入されてお尻から足に向けてブワッと薬液が広がる感覚とともに異様な痛さが一緒に広がりました。すべての痛さが入り交じって私は思わず声が出ます。

やっと針が抜かれたようです。看護師さんが「もう痛いことないですからね」と慰めてくれますが、私のからだはすべての痛さがまだ続いています。

注射のあと横になり様子を見る

「右を下にして横になってください」と言われました。しかし痛さでからだが動かせません。「動けないんです、どうしたらいいですか?」と聞くと、まず右手を下から動かし少しずつ体勢を変えるアドバイスをしてくれました。さすが看護師さんです。

家では右を下に寝ると激痛が走り無理だったのに、と思いましたが、なんとか右を下にして横向きに休むことができました。

診察台

休むというより、足の痛さと注射の痛さで動けずいた、という方が正しいでしょうか。そのまま15分か20分ぐらい経った気がします。

看護師さんに「起きられますか?」と声をかけられました。ゆっくり、ゆっくり腕で支えながら体を起こします。

「痛みはどうですか?」

「あ、少しいい気がします」

診察台から降りて歩こうとしましたが、まだ無理でした。再び車イスで待合室へ。

ブロック注射の効き目に期待

受付で会計を済ませ、処方箋を持って薬局へ向かいました。湿布薬と飲み薬を受け取って家路に。

湿布薬

帰る途中の車中で、一度すごい痛みが足にきましたが、耐えるしかありません。やっと家に着き、横になりました。

ブロック注射の効果でしょうか、その後は動かなければ痛みがあまり来なくなった気がします。でもトイレに起きると、ほんの2~3歩歩いただけで痛みが来ます。極力、安静に務めます。

先生からは「今日は湯船につからずシャワーだけで、明日は湯船でよく温まってください」と言われました。でも少しでも動けば痛いので、その日はシャワーどころではありませんでした。

薬を飲み、エアコンをつけ、水分を摂り、ひたすら安静に過ごしました。前日は痛みで一睡もできませんでしたが、今夜は眠れるんでしょうか。

ブロック注射

ブロック注射、あれだけ痛かったんだから、効き目を期待したいところです。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

腰痛
スポンサーリンク
うららrrをフォローする
春のうららのうららかな日々

コメント