消費期限切れの薬を発見、いさぎよく捨てる

シンプルライフ

病院で処方してもらったが飲まなかった錠剤やカプセル、塗らなかった軟膏などを整理することにしました。薬用の小さな引き出しにぎゅうぎゅうと入れてあります。

薬には消費期限があります。いつか飲むかも使うかもと、とっておいても、いざ必要なときに「これ大丈夫かな?」と不安に思ったりします。

シンプルライフを志した私は「だったら捨てちゃえー!」といさぎよく整理に取りかかりました。

スポンサーリンク

薬を捨てるために分別する

内科、整形外科、皮膚科、眼科、いつどこの病院でもらったのか覚えていない薬の残りが、なぜか集合しています。

まず錠剤やカプセルはシートからすべてプチプチと取り出します。シートはビニールごみ、薬は可燃ごみです。

チューブの軟膏は中身をティッシュに絞りだします。フタはプラスチックごみ、チューブは金属ごみ、中身はティッシュで包んで可燃ごみです。

整形外科でもらった痛みを和らげる軟膏は、4年前に消費期限が切れていました。即、廃棄です。こういったものたちが場所を占拠していたわけですよ。

目薬などの液体はティッシュに染み込ませて可燃ごみ、入れ物はプラスチックごみ。

長い人生、薬の整理処分をするのも初めてではないので、そこは手際よく進めます。

ちなみに貼り薬の湿布類は別の場所に置いてあったので、すでに2~3ヵ月前に大量に捨てました。

頭痛薬はとっておく

年に何回かは頭痛薬のお世話になります。実は子供のころから、いわゆる頭痛持ちです。肩凝りや気圧の変化やストレスからくると思われます。

頭痛は「あれ?来たか?」と思ったら、ひどくなる前に即、薬を飲んで治めてしまうのがコツです。

スマホを携帯するのと同様、頭痛薬は必ずバッグに入れています。私の常備薬です。

消費期限が切れるまで放置されることもなく、かといって頼りすぎるわけでもなく、程良い使用頻度だと思います。

過去10年間のお薬手帳

若い頃は自分が具合が悪くて病院に行くことは、めったにありませんでした。

しかし10年前、ちょうど50歳のときに高血圧が心配で内科に通い始めました。定期的に病院通いをすることになり「お薬手帳」の歴史が始まります。

それ以後10年間、歴代のお薬手帳をずーっと保管していました。が、しかし!これも処分の対象です。個人情報なので、ひたすらシュレッダーです。

ひとつ前のものだけとっておくことにしました。今後も更新したら、古いものを1冊捨てて、保管は常に1冊。

現行のお薬手帳は、スマホ、頭痛薬とともに携帯しています。携帯しなければお薬手帳の意味がありません。

古い健診や検査の結果

以前の会社の健康診断結果や病院で受けた血液検査、骨密度検査などの結果が、大量に出てきました。

何年も前の健康状態が、今もそのままなわけがありません。現状、定期的に病院で検査をしているので、古い健診結果や検査結果は処分です。

シュレッダーしながら「よくこんなものを今までとっておいたなぁ」と、シンプルライフを心に決めた私は価値観が変化したようです。

ものに頼らないシンプルライフ

不用なものを判断し捨てることで、ものに頼らず、自分と自分の人生が主役なのがシンプルライフなのかな、と思い始めてきました。

まだ始まったばかりだけれど、なんか面白く楽しいのが不思議です。

コメント