肩が痛いー原因を探したらエルゴノミクスマウスに行き着いた

エルゴノミクスマウス 健康

あれっ?と思ったのは今月になって少したった頃でした。ちょっとだけ肩に違和感が。寝違えたんだろう、と最初は気にもしませんでした。

ストレッチで肩を回してみたり、寝るときの姿勢を気をつけてみたり。すぐに治るだろうと思っていましたが、治らず。逆にただの違和感が少しですがハッキリと「痛い」となってきました。

40肩?50肩?いやいや、60過ぎてるんだから60肩?夏に痛めた腰もまだ大事にしているというのに今度は肩です。歳だなぁ・・・

スポンサーリンク

肩が痛いー原因は?

まずは素人考えです。ヘルニアのときみたいに、肩関節の軟骨がすり減ったとか飛び出したとかでしょうか?たいして肉体労働もしていないのに?

元々リウマチの気があるので、そっちでしょうか?少し寒くなってきたからって?いや、私は暑がりだからまだそんなに寒いと思ってないし。

状況としては、腰のときみたいに耐えがたいひどい痛みではありません。日常生活にたいして影響していません。常に痛いわけでもありません。動かしたときに痛みがあります。最初は肩だけだったのが、腕と背中の一部に痛みが広がりました。

肩が痛い

整形外科にまた行くしかないか。気になるのでとりあえず「肩が痛い」とネットで調べてみました。漠然と肩が痛いだけなので、調べてもよくわかりません。

しばらくネットを探すうちに、PCのマウス作業による腱鞘炎というのが目にとまりました。確かに、ノートパソコンのタッチパッド操作の時に上腕が痛みます。これが原因か?

とりあえず、以前使っていたマウスを出してきました。USBのワイヤレスで、けっこう使いやすかったものです。ノートパソコンを買ってから、タッチパッドを使うためにマウスはしまい込んでいました。

マウスの方が、手のひらをがっちりとマウスにかぶせるので、腕と手のひらを机から浮かせる必要がなく、タッチパッドより楽かもしれません。

エルゴノミクスマウスに行き着く

そしてネットで「エルゴノミクスマウス」というのに行き着きました。なんか、ゴツい形のマウスです。このマウスを使うと手首の角度に無理がなく、手、指、腕、肩などの負担が少ないそうです。

エルゴノミクスマウス

そう言えば最近、職場でこのマウスを持っている社員さんを見かけました。なんかすごいの持ってるなー、最近そんなのあるんだーと思っただけでした。

まさかそのゴツいマウスが腱鞘炎予防になるとは。そして実際に自分がパソコンのマウス作業が原因で肩と手が痛くなっているとも思っていませんでした。

整形外科に行って「肩が痛い」と言えば、レントゲンを撮ることになります。診断がどうであれ、湿布薬を処方され、場合によっては痛み止めの飲み薬、そして肩を温めるリハビリに通うとなるでしょう。レントゲンを撮るとまた出費がかさみます。

整形にかかる前に、マウスの件を自分で改善してみようと思いました。それでダメだったら、整形に行くことにします。本当にマウス作業が原因かわからないし。

エルゴノミクスマウス探し、始まる

ネットで「エルゴノミクスマウス おすすめ」と調べると、たくさんありました。注目されているようです。知らなかったー!というか、肩の痛みを考えれば、もっと早く知るべきだったと反省です。

当然ですが、たくさんありすぎてどれがいいのかわかりません。充電か電池か。有線か無線か。無線ならBluetoothかUSBか。手首の角度も製品によっていろいろのようです。メーカーも複数あります。価格も様々。

3日間迷った末にやっとネックストラップが決まって使い出したら、今度はエルゴノミクスマウスです。検討するのにまた何日かかかりそうです。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

健康
スポンサーリンク
うららrrをフォローする
春のうららのうららかな日々

コメント