ハイヒール・パンプスのビジネスマナーに疑問

思うこと

私はこれまで幾つもの職場を経験してきました。今話題の何cm以上のハイヒールなどというビジネスマナーとはあまり縁のない職場が多かったと思います。パンプスは、規則ではないが暗黙のルールで必須という職場はありました。

しかし、ハイヒールやパンプスを職場のルールで強要されるとしたら、私はまっぴらごめんです。

スポンサーリンク

若い頃は無理してハイヒール履いた

若い頃はキレイに見せたくて、それは無理して頑張ってハイヒールを履きました。20歳前後の頃だったでしょうか。

もちろん失敗談もいくつか。

その昔、駅の地下街へ降りる階段で足を滑らせて派手に転びました。

11cmのハイヒールで出かけた先で急坂を歩いて下る羽目になり、足がガクガクでどうにもならなかったことも。

しかしそれは良く見られたいが為に自ら選んだ若気の至りでした。

その後、何度も学習して年齢とともにハイヒールは卒業しました。

ビジネスマナーは誰が決めたの?

職場のルールというか、世間で言われているビジネスマナーという代物。これ、いったいどこの誰が決めたんでしょうね。

「~~と言われています」とか「一般的に〇〇です」とか。

幸いにも私は窮屈なビジネスマナーにあまり関わってきませんでした。

しかし、もれ承るところによると、女性はハイヒール・パンプスは必須、ストッキング必須で素足はNG、暑くてもスーツの上着を脱いで白シャツやブラウスのみはNGだとか。

考えて見れば男性も最近クールビズが浸透してきてはいますが、基本は真夏もスーツにネクタイ、革靴ですね。ホント、お気の毒です。

常識・マナーをみんなで変えよう!

私の考え方です。

いっそのこと一年中アロハシャツをOKにしてしまえばよいではないですか。

アロハがハワイだという意見がもしあるなら、沖縄の かりゆし でもよいですよね。いや、ポロシャツでもなんでも、つまり『自由』ということです。

で、ハイヒールでもスニーカーでもクロックスでも履きたい靴を履けば良いのです。もちろん靴下のあるなしも本人の自由。

ビジネスの方々はきっと「お客様や取引先の手前、そうはいかない」とおっしゃる。ビジネスマナーを変えちゃえばいいんですよ。

みんなでアロハなら怖くない!

年配の方は多分マナー違反だと眉をひそめるでしょうね。でも不都合な決まりは変えればいいんです。

「悪法も法」ではありません。「悪法は悪法」です。変えるべきです!

もちろん、常識の範囲内です。露出が多すぎて目のやり場に困るとか、そういうことこそマナー違反です。

ついでにノーメークもOKになると、私は嬉しい!

ハイヒール・パンプスを強要する方へ

ハイヒール・パンプスが仕事に必要という意味が私には理解できない。

むしろ仕事の効率を悪くしている場合があります。人によっては足を痛める凶器なんだから、嫌なら拒否できて当然です。

それでも強要する人がいるならば、ぜひ自分がハイヒールパンプスを1ヵ月も2ヵ月も履き続けてみて下さい。体験して初めて、その ”苦痛” が分かることでしょう。

ちなみに私はスーツとネクタイは強要しませんのでご自由になさってくださいね。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。
にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ

思うこと
スポンサーリンク
うららrrをフォローする
春のうららのうららかな日々

コメント