利尻カラーシャンプーブラックを16回使ってみたら自分が変わった

グレイヘア

今年の流行語大賞にノミネートされたグレイヘア。ヘアカラーの煩わしさから脱却する生き方を、ぜひ私もしたいものだと思いました。しかし気になるのは周囲の反応です。

いきなり全く染めないのではなく、利尻カラーシャンプーを使ってみました。まだまだ道半ばですがグレイヘアに向かって行動し始めたことで、自分の考えが変わりました。迷わず「うん、これで行こう」と。グレイヘアへの道を阻むのは周囲の目ではなく、自分の考え方一つだったのです。

スポンサーリンク

使って正解、利尻カラーシャンプー

16回使用ビフォーアフター

利尻カラーシャンプー(ブラック)を使う前と、今日現在で16回使った後です。

たいして変わってないじゃん!と言われるとそれまでですが、よく比べると白髪部分が真っ白でなくくすんできています。更に茶色に染めていたところは茶色がよりダークになってきています

結論から言うと、私はこの状況を肯定的に受け止めています。このまま半年、一年と続けるつもりです。

私の使い方

正直もう少し早い段階から黒っぽくなってくるかな、と予想してましたが、これには私の使い方もあります。説明書きに、髪を洗った後は「ドライヤーで乾かしてしっかりと定着させて下さい。」と書かれていますが、私はドライヤーを使わない人です。タオルドライのみであとは室温任せ。

更に、シャンプーだけでどれだけ染まるかやってみたかったので、利尻カラートリートメントを同時に買ったのですが未使用。利尻カラーシャンプーだけ使っている結果です。

今更の報告ですが、パッチテストやっていません。今まで毛染め剤で異常がでたことがないので、いきなりダイレクトに使いました。でも普通はパッチテストやって下さいね。面倒なことがキライな私の真似はしないようにお願いします。

襟足はまだまだ

今までの白髪染めは自宅でやっていたので、目立つ顔回りの生え際と分け目が中心でした。利尻シャンプーも生え際と分け目は頑張ってクシュクシュと泡立てて洗っていましたが、後ろ、特に襟足は手薄でした。今日、短くカットしたら、やはり耳の後ろあたりは白髪が目立ちます。

なんか髪の毛が、黒いのか、茶色いのか、白いのか、わけがわからない状況です。

シャンプーだけなのにすごい

使ってみて思うのは、トリートメントなら白髪に塗ってから10分とか20分とかおいて洗い流すわけですが、シャンプーはそんなに時間をおきません。私の場合、髪全体を濡らしてシャンプーをつけ泡立ててから、計ったことはないですが1分?2分?多分3分もしないうちに洗い流してると思います。

で、先ほどの通りトリートメントもせず、ドライヤーもせず、タオルドライだけで放置ということを16回やったわけです。

シャンプーを変えただけでこの変化は、かなり良い出来と思います。今後の変化にも期待です。

気になること、気にならないこと

爪周り、タオル、枕、雨の日

爪の周りが黒っぽくなるのは仕方がないようです。爪ブラシですぐに洗えば少しはきれいになりますが、完全には無理です。私は気にせずに済む範囲ですが、気になる方もいらっしゃると思います。その場合は100均のゴム製やポリエチレン製の100枚入り使い捨て手袋を使ってシャンプーするのをおすすめします。

髪色が変わってきているのにタオルや枕に色がつかないのはすごいなぁと思います。お風呂の洗い場も色はついていません。

最近、冬には珍しく雨が続きましたが、雨に濡れてしまっても服に色が移ることもありませんでした。すすぎをしっかりしているからでしょうか。

すすぎはしっかり

そう、すすぎと言えば、説明書きに「色水が出なくなるまでしっかりすすぎます。」と書かれています。でもシャンプーをすすぐときって、目をつぶりませんか?もしまだ色水だったら目を開けたくないです。

仕方がないので、とにかくしっかりしっかりすすぎをしています。こんなに落としたら色つかないんじゃない?と思うくらいです。おかげで色水や色水が流れている風呂床は見ずに済んでいます。

利尻カラーシャンプーで私は変わった

長期スパンで考えて

グレイヘアと言っても、結局は利尻で染めてるじゃん!と思われるかもしれません。いやいや、これでいいんです。私は長期のスパンで、そう、1年、2年、3年ぐらいのうちに自然にグレイヘアになりたいんです。

だって白髪が目立ち始めてからまったく染めなかったとして、急に一斉に白髪が生えてくるわけではありません。何年もかかって少しずつ白髪が増えて全体としてグレイになっていきます。

だから私も年単位で本来のグレイヘアへ移行すれば良いと思っています。その為のステップとして利尻カラーのブラックを選んだのです。まずは自然に茶色から徐々に本来の黒へ。そこからは利尻カラーシャンプーブラックの使用回数を少しずつ減らして、自然なグレイヘアへと移行する計画です。そしたら利尻さん、私の期待に応えてなかなかいい仕事してくれています。

いやいや、利尻カラーシャンプーはもっと早くしっかり染まります!と言いたいであろう、利尻の会社の方々、ごめんなさい。これはあくまでも私個人の見解です。

マイルドな変化だから自然に

前回の白髪染めから既に9週間たちました。以前だったら伸びてきた生え際の白髪に部分染めのヘアマスカラを1本、2本と使い切り、もう次の白髪染めをしている頃です。

しかし今回は、ヘアマスカラで生え際を隠そうとは思いませんでした。もちろん今から全部を今までの茶色に染めるつもりもありません。それどころか伸びてくる生え際のダークがかった白髪を見て、なにか楽しみというか、今に見てろよというか、充実感があるのです。

職場で周囲の人たちは、遠慮してか何も言いません。まだ言うほど白髪が伸びているわけでもないですし。私も何も説明しようとも思いません。もし聞かれたら「今、流行りのグレイヘアよ。」と言うかもしれません。なんか、周りがどう見ようが関係なく思ってきたのです。グレイヘアへの第一歩を実行したことで、自分が勝ったみたいな感覚です。

利尻カラーシャンプーを使いグレイヘアへの変化がマイルドなおかげで、変わることを自然に受け入れることが出来たんだと思います。

結局は自分の考え方一つ

周囲からの評価って、どうでもいいことなんだな、と思いました。自分の評価は自分が一番よく分かっています。周りの目を気にして右往左往するのはやめよう、とも思いました。

今年の流行語大賞は私の中では「グレイヘア」です。しかも単なる流行ではなく、私の更なる成長の背中を押してくれました。

今後の推移はまた、折を見てご報告いたします。

コメント