ヘルニア・狭窄症、原因は背骨の歪み?

背骨歪んでる 腰痛

完治とまではいきませんが、そう、8割ぐらいでしょうか、腰痛、足の痛みは落ち着いてきました。仕事復帰の為に最近は外に出る練習をしています。

レントゲンとMRI検査で、私は正面から見て背骨が歪んでいることがわかりました。健康にはこだわって気をつけていたので、少なからずショックです。

いったいいつから、なぜ、背骨が歪む事態になっていたんでしょうか?どうしたら治せるんでしょうか?

スポンサーリンク

元々の腰痛の原因に思い当たることが

K先生から「元々の腰痛が・・・」と言われて、腰痛の原因には思い当たることがありました。

この4年ほどの間、発達障害の30代娘の状況がどんどん悪くなっていって、その介護に体力が必要だったのです。

枯れ葉散る

毎日のように発作状態になり、その間、娘は座り込んで自分で立てず、手も足も動かせず、コップも持てず、涙とよだれと鼻水を拭くこともせず、大声で泣きわめき続けます。

私より15cmほど身長が高く、がっしりとボリュームのある、3L~4L体型の娘は自分のベッドに寝かさないと落ち着いてくれないし、それを私に要求します。

脱力した娘の体をロフトベッドへと上げるために、支えたり引き上げたり持ち上げたりする毎日で、私は本当に、日々、腰に来ていました。

背骨の歪みは絶対に健康に悪い

もちろん歳もありますが、そんな生活だったので、大なり小なりの腰痛は当たり前だと思っていました。それが何かの拍子に悪化してしまったわけです。

それにしても解せないのが、今回のレントゲン検査で発覚した、正面から撮影した背骨の歪みです。

背骨左右に曲がる

MRI検査の画像では背骨の歪みはもちろんのこと、それによって左右の臓器までアンバランスな配置になっていました。

背骨は、体の大黒柱みたいなものです。大事な神経もいっぱい通っています。素人判断でも、これは絶対に健康にいろんな弊害をもたらすと、すぐにわかります。

健康長寿を目指している私は、これまでいろいろと健康にこだわってきたつもりでした。姿勢は猫背にならないよう、座ったときにも背筋を伸ばして気をつけていました。

いったいいつから、なぜ、背骨がこんなことになっていたんでしょうか?

左右のアンバランスに気づいていた

背骨の歪みについてネットで調べてみました。原因は生活習慣ということで、私に当てはまる項目がありました。

ショルダーバッグは必ず左肩からかける
右へ足を流す横座りが楽。反対側はできない
いつも右を下にして横向きで寝る

そういえば私は、自分が左右違うことに気づいていました。

テレビを見ていて気づくと体が右に傾いている
鏡で見て、右肩が下がっている。右腰が出ている
あぐらで右足と左足の膝を開く角度が違う

でも、だから背骨が歪んでいるということに、考えが及ばなかったのです。おろかでした。

ストレッチ、整体で治したい

これからまだまだ長く生きるつもりの私は、こうなったらなんとか背骨の歪みを治したい!そこで整体って、どう?と考えました。

整体とか、カイロプラクティックとか、今まであまり考えたことがなかったので全く知識がありません。

ちょっと見たところ、整体は保険が利かなくて自費診療だそうです。これではすぐには難しい。良さそうなのでやりたいんですが、後に回します。

簡単なストレッチをやってみました。体が気持ちよく、良さそうです。

手を上げてストレッチ

ストレッチ、整体、この辺のことを、今後掘り下げていこうと考えています。

ランキングに参加しています。
応援して頂けると励みになります。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 60歳代へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 成人発達障害へ

腰痛
スポンサーリンク
うららrrをフォローする
春のうららのうららかな日々

コメント